全米の90%!スターバックスのモバイル決済加速の裏にはロイヤルティプログラムあり

スターバックスのモバイル決済がダントツの数字を出しました。「スターバックス体験」という言葉が世界のマーケティング界の中心をなしていましたが、モバイル決済においては誰も止められない存在になってしまっています。

タイトルにある90%という数字。これは2013年に支払いがされた全米のモバイル決済のうち、90%がスターバックスのモバイルアプリを使って行われたというものです。

もちろん支払い総額の90%というわけではなく「スマホのアプリでの決済」に限定はしますが、それでも全米の90%という数字は驚異的です。スターバックス全体の売上のうちの16%がすでにモバイル決済になっているとのこと。

Apple Payの登場でこの数字は今後いくらか変化するとは思いますが、スターバックスアプリの強みは何と言ってもロイヤルティプログラムです(日本でいうポイントやクーポンのようなもの)。日本のスターバックスでは提供していませんが、米国では公式のiPhoneアプリがあり、様々なサービスが提供されています。

iPhoneアプリはこんな画面です。スタバを5回訪問するごとにレベルアップして、受けられる特典もグレードアップします。

starbucks-iphone-app_1

メッセージ欄からは週ごとに特典が受けられます。スターバックスの店内で流れる曲を無料でiTunesからダウンロードできたり、有料アプリが無料で提供されたり、また時にはコーヒー1杯無料のチケットがもらえることもあります。

starbucks-iphone-app_2

支払いはこのような画面です。アプリを開いて1タップで支払いができるようになってます。

starbucks-iphone-app_3

スターバックスカードをiPhoneのPassbookにいれておけば、Passbookで開いて支払いもできます。

starbucks-iphone-app_4

これらのポイントプログラムがある限り(Apple Payでポイントプログラムが使えるのは2015年8月ごろ)、スタバのモバイル決済は使われ続けるでしょうね。

日本ではスタバカードを作ってもほとんど特典がないので実感がわかないと思いますが、先日、米国スターバックスが日本のスタバを買収しましたので、いつの日か日本でもサービスが利用できるといいですね。