SPIKEが4万店舗を突破。サービス開始7ヶ月で楽天に迫る勢い

手数料無料の電子決済サービスを展開するSPIKEが、4万店舗を獲得したと発表しました。

SPIKEはシンガポールに法人を置くメタップス社の決済サービス。月間決済額1000万までは決済手数料無料という謎のビジネスモデルが密かに注目されています。

つい先月には3万アカウントを突破!とニュースが出たばかりなのが、たった1ヶ月で4万店舗まできました。4万店舗といえば楽天の出店数が4万ちょっと。サービス開始から7ヶ月で巨大通販サイトと肩を並べるところまで来るなんて素晴らしいですね。

考えればここ1ヶ月程度の間、提携のニュースが立て続けに出てました。

手数料ゼロ円の決済サービス「SPIKE」が「EC-CUBE」で利用可能に ー プラグインを提供開始(2014.9.10)

手数料無料の決済サービス「SPIKE」が「Magento」でのカード決済に対応開始(2014.9.25)

手数料無料の決済サービス「SPIKE」、 アラタナのEC構築パッケージ「カゴラボ」との接続を開始(2014.10.23)

楽天とSPIKEではサービスが違うといえば違うのですが、ショッピングインターフェースと着実に手を結び、ネット通販の決済のあり方を変えてしまう力を秘めていると思います。

出店手数料を無料にしたYahooショッピングと手を組んだらもう止められないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。