NFC決済とApple Pay対応の「PayPal Here」カードリーダーが英国で販売開始

PayPal HereカードリーダーのNFC、Apple Pay対応バージョンが、英国でサービス開始しました。

PayPal Hereとは

PayPal HereはモバイルPOSとして使うカードリーダーです。これまではVISAとMasterCardのクレジットカードまたはデビッドカードでの支払いに対応していましたが、その小さなカードリーダーに非接触決済の機能が搭載されました。

これによってNFC決済に対応するスマートフォンや、Apple Payに対応するiPhone、iPadをかざして支払いができるようになります。

新しいPayPal Hereカードリーダーは、PayPalのウェブサイトから購入できます(英国のみ)。

販売する側は、PayPal HereアプリをAppストアかGoogle Playからスマホにインストールして、カードリーダーとペアリングするだけで使い始められます。手数料も1回あたり2.75%程度と安く、月額負担の重しはありません。

欧米の非接触決済ブームはこれから

日本や韓国の感覚では、おサイフケータイが当たり前だと思ってしまうのですが、欧米はまだまだです。

米国はそもそもカード社会というのが根付いています。非接触についてはVISAやMasterCard、Google Walletが普及を試みましたが、決済端末を買い換えてくれないという状態。そして昨年からApple Payが始まり、ようやく一部のiPhoneユーザが使い始めたという程度です。

ヨーロッパはどちらかというと伝統的なものを好む傾向にある、というのが正しいかもしれません。

SquareもEMV対応の非接触カードリーダーを展開しており、PayPalが展開を進めれば、さらに欧米の非接触決済のブームが加速しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。