スターバックス、Microsoftのリストバンドで支払いが可能に

つい3週間前にリリースされたばかりのMicrosoftバンドで、もうスタバでの支払いができるんですね。

あまり話題にもならなかったMicrosoftバンド、販売開始したのは2014年10月30日です。199ドルと割とリーズナブルな金額なのですが、アメリカのみの利用だからか、ヘルスチェック機能ばかり押しすぎたのか、記憶に残らないニュースでした。

microsoft-band-starbucks-card-setting

まさかスターバックスがApple Payよりも先にMicrosoftに対応するとは思いませんでした。

一応ですが、Microsoftバンドを持っている方向けに、スターバックス決済のセッティングの手順を書いておきます。

  1. 「Microsoft Healthアプリ」をスマホでダウンロード
  2. アプリの右上にある「Manage Tiles」を選択
  3. スターバックスのスライダーをタップ、次に「Add Card」を選択
  4. スターバックスカードの背面にある16桁のコードを入力
  5. 「保存」をタップすれば、バンドとの同期が完了します。

Microsoftバンドは公式オンラインショップで購入できます。スターバックスカードを一緒に申し込むと無料で5ドルがチャージされたものがもらえるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。