【iPhone 6対応】水深2mで水中撮影できる、完全防水のiPhoneケース 3選

防水のiPhoneケースは色々ありますが「完全防水で水深◯メートルで使えるもの」というと数が限られます。海やプール、マリンスポーツに使える、そして日本で買えるもので、iPhoneで水中でも撮影できるケースを3つご紹介します。

iPhone 6s の防水ケースは別のページをご覧ください。

 【iPhone 6s/6両対応】水深2mで水中撮影できる、完全防水のiPhoneケース 2選

THE完全防水ケース「Catalyst case for iPhone 6」

iPhone 5sで不動の地位にあった完全防水ケース。iPhone 6では唯一水深5メートルまで使用可能です。

catalyst-case-iphone6-orange

  • 最大水深5mまで浸水可能
  • 最大2mの耐落下衝撃ラバーフレーム
  • タッチスクリーン、指紋センサー対応
  • 薄さ11.4mm、重さ44gのスリムかつ軽量なデザイン
  • ケースを装着したまま充電、ヘッドホン接続が可能
  • カメラ部分には光学レンズを使用し、クリアな写真撮影が可能
  • 4色カラー:ブラック、オレンジ、レッド、グリーン

【日本正規代理店品】Catalyst iPhone 6 完全防水ケース 5m 完全防水・防塵・耐衝撃ケース ブラック / オレンジ CT-WPIP144-BKOR – Amazon

iPhone 6sには対応していません。

iPhone 6でもカラバリ豊富「LIFEPROOF fre for iPhone6 Case」

完全防水で水深2メートルでも使用可能。現時点で最もスリムな防水ケースではないでしょうか。付けたまま充電や指紋認証もできます。軽量なボディはカラーバリエーションが豊富で、水中カメラ用途だけでなく、普段使いのケースとしても楽しめます。

linkproof-fre-iphone6_pink

  • 最大水深2mまで浸水可能(約30分)
  • 最大2mからの落下までテスト済み
  • 指紋センサー対応
  • 薄さ11.2mm、重さ35gというスリムかつ軽量なデザイン
  • ケースを装着したまま充電が可能
  • カメラ部分には光学ガラスレンズを使用し、歪みのない写真撮影が可能
  • 密閉型ながら、スピーカーからの音も高音質で聴ける
  • 6色カラーバリエーション:ブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ピンク、パープル

【日本正規代理店品・保証付】LIFEPROOF 防水防塵耐衝撃ケース fre iPhone6 Black 77-50356 – Amazon

画面むき出しのiPhone6防水ケース

iPhoneケースの老舗スペックコンピュータから完全防水ケースの登場です。画面をむき出しにしたままで完全防水を実現し、日常でもダイレクトにタッチ画面を操作ができます。画面まわりのフレームはややごついかも。

  • 水深2mまで浸水対応(30分)
  • 液晶画面はオープン構造、ダイレクトに画面を操作可能
  • 指紋認証(Touch ID)にも対応
  • ケースを付けたまま全ボタン、コネクタが利用可能で、充電、イヤホンも接続できます
  • 専用のスクリーンプロテクタが付属
  • 3色カラー:ホワイト、ブラック、オレンジ

スペックコンピュータ Dog&Bone WETSUIT iPhone6 waterproof rugged case iPhone6 防水ケース 防塵 防雪 耐衝撃 IP68 Touch ID 指紋認証 シルバーテイル SP1732 – Amazon

完全防水でもスタイリッシュな「AQUATIK for iPhone 6」

※ 2015年8月出荷予定、支払い方法はPayPalのみ

ご覧のとおり、完全防水ながらもiPhone 6のスリムさを損なわないスタイリッシュなケースです。画面にはiPhoneと同じゴリラガラスを採用し、その高級感と操作性を維持しています。

lunatik-AQUATIK-for-iphone6

 

lunatik-AQUATIK-for-iphone6_side

  • 水深90cmまで浸水可能(約30分)
  • IP68規格の防水・防塵・耐衝撃
  • ケース装着したまま指紋認証、スピーカー、マイク、lightningのすべてを利用可能
  • 画面にはiPhoneと同じゴリラガラスを採用
  • カメラ部には光学レンズで高画質
  • フレーム部分はスリップ防止素材を採用
  • 4色カラー:ブラック、オレンジ、ピンク、ホワイト

水中カメラ撮影の注意点

すべてのケースに共通することとして、水中での画面タッチ操作はできません。撮影機能は、カメラを起動させたまま水に入れて、ボリュームボタンを押して水中写真が撮れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。