GoogleウォレットのiPhoneアプリでオートチャージが可能になりました

(アメリカでは利用可能な)GoogleウォレットのiPhoneアプリに新機能が追加されました。それがこの2つ。

  • 定期的なオートチャージ
  • 最低金額を下回ったらオートチャージ

どこのプリペイドカードでもできそうなこの2つの機能ですが、Googleウォレットという世界的なオンラインプリペイドカードではサポートされていませんでした。

定期的なオートチャージ

文字通り、設定をしておけば定期的にお金がウォレットにチャージされる機能です。チャージする頻度は、毎週、隔週、毎月の3通り。その何曜日に入金するかと、どの口座(銀行口座、クレジットカード)からチャージするかが選べます。

google-wallet-recurring-transfer

Edyではずいぶん前からある機能ですが、Googleウォレットにとっては新機能です。NFCのタップアンドゴー決済で、知らない間に使いすぎてしまうかもしれません。毎月の支出額を自己管理したい人にとっては(Google支払いのみですが)ありがたい機能になると思います。

最低金額を下回ったらオートチャージ

こちらは文字通り、最低金額を決めて、それを下回ったら何ドルチャージするという機能です。

google-wallet-low-balance

よくあるSuicaやPASMOのオートチャージと同じですが、スマホアプリから設定できるのはちょっと便利かも。もともとGoogle Voiceでは備わっていた機能ですが、PCのWebブラウザからのみという制限がイケていませんでした。

ようやく使い物になってきたという感はあります。Apple Payが後払いに対して、Googleウォレットはプリペイド型。プリペイドはプリペイドの特徴を生かして、便利だけど使いすぎないスタイルがうまくできるといいですね。

※ ただし日本では、Googleウォレットアプリをインストールしても使えません。Walletのほとんどの機能で本人認証を求められ、アメリカの社会保障番号を入力する必要があります。