デビットカードの落とし穴、海外ホテルでデポジットを二重取りされる件

海外旅行に持っていくカードは何がベストか、という答えに参考になるのが今回のテーマです。

デビットカードは海外でも使えて、普段使っている口座から引き落とせる便利な手段です。しかし意外な落とし穴があります。それがホテルやレンタカーの支払いです。

クレジットカード提示を要求される訳とは?

ホテルやレンタカーの受付をする際には、必ずと言っていいほどクレジットカードの提示を求められます。パスポートと一緒に出すケースが多いです。

これは、本人確認をするというのと同時に、クレジットカードの与信枠を見ているのです。というのも、ホテルであれば何かを壊したとか、ルームサービスや延泊料金が発生したときに、顧客に追加請求ができないとホテル側は困ります。これはレンタカーも同じです。

そのため、ホテルやレンタカー会社はクレジットカードの与信確認をすることで、前もって請求先を確保しておくのです。このステップを「オーソリ」と言います。

オーソリは単に請求可能かどうかを確認する手段ですので、通常、支払いを請求されることはありません。お店によっては1ドル程度をオーソリ確認として請求処理するかもしれませんが、チェックアウト後にはキャンセル(または返金処理)されます。

デビットカードだと保証金の支払いを要求される

デビットカードには実はオーソリを行うことができません。その代わりに、追加請求が発生したときに備えて保証金(デポジット)を要求されることがあります。

一般的に、海外のホテルやレンタカーを利用する場合、宿泊費・利用料を含めて、このデポジットを支払わなければならないと考えたほうがよいでしょう。

問題はその金額の大きさです。これは店舗によって異なりますが、ホテルやレンタカーでは数百ドルを引き落とされることも珍しくありません。日本では無礼にあたりそうなこの請求は、実はアメリカだけでなく、海外の(アジアを含む)どの国でも行われています。

デポジットの支払方法は、ホテル・レンタカーによって異なりますが、ホテルのチェックインやレンタカーを利用開始する際に、デポジットが引き落としされます。

デポジットは、ルームサービスを利用していない場合や、レンタカーの延長利用がない場合には、宿泊費・利用料との差額が返金されます。

この差額の返金は、チェックアウト後およびレンタカー返却後、数日から2週間程度かかることがあります。この時間差のおかげで「デポジットが返金されない」という誤解が生まれることが多いです。

デビットカードでホテルやレンタカーの支払いはできる?

そして、そもそもデビットカードをホテルやレンタカーの支払いに使えない場合もあります。これは、そのお店と決済代理店(Merchant Services)との契約次第ですので、スタッフが「デビットカードは使えない」と言ったら支払いはできません。

ただし、デビットカードにクレジットカード機能が付いているものもあり、その場合はクレジットカードとして使えるということになります。

デビットカードが使えない場合はどうやって支払うのかというと、近くにあるVISAやMasterCard対応のATMで現金を引き出し、現金で支払うことになります。現金でも保証金を要求されると思いますので、現金でデポジットを支払うときは必ず受領書をもらうのを心掛けましょう。

デポジットが返金されないケースもある?

デポジットが返金されないケースがあるかどうか不安になりますよね。一応建前は保証金であり、ホテルの規約を見ると返金することが書いてあると思います。名の通ったホテルであれば返金するのは間違いないでしょう。

ただし、海外をディープに経験するとよく出くわすと思いますが、どの国にも旅行者を騙そうとしたり、はっきりと「日本人はカモだ」と思っている輩がいます。どうしても不安な方は、クレジットカードを使うか、大手の旅行サイトを経由して予約するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。