海外旅行保険が自動付帯で、還元率も高い推奨クレジットカードまとめ

海外旅行に役立つカードは、何といっても旅行保険が付いていることです。

航空券や宿泊費をそのカードで支払わなくても保険対象になるカードを「自動付帯」と言います。つまり、持っているだけで旅行保険に加入しているということ。

その自動付帯のカードのうち、年会費が無料で、還元率も高い(つまり普段使いでもお得な)カードを、3つご紹介します。

レックスカード(またはLite)

・海外旅行傷害保険 最高2,000万円 自動付帯

・国内旅行傷害保険 最高1,000万円 利用付帯

・年会費 初年度無料、次年度(年間50万円以上を利用で無料。通常2500円)

・還元率 1.75%

・ブランド VISA

このレックスカードの別バージョンで、年会費が完全無料で還元率1.25%のレックスカードLiteというのもあります。こちらも旅行保険はレックスカードと同じ条件で自動付帯されます。

公式サイト:「REX CARD」と「REX CARD Lite」

リーダーズカード

・海外旅行傷害保険 最高2,000万円 自動付帯

・国内旅行傷害保険 最高1,000万円 利用付帯

・年会費 初年度無料、次年度(年間50万円以上を利用で無料。通常2500円)

・還元率 1.5%

・ブランド VISA

貯まったポイントを、Amazonで利用するとポイント額が増額し、実質1.8%になります。詳細は公式サイトをご覧ください。

公式サイト:「リーダーズカード」

リクルートカードプラス

年会費は2000円かかりますが、還元率が業界トップの2%のリクルートカードプラス。国内旅行にも自動付帯となるのはかなり珍しい。

・海外旅行傷害保険 最高3,000万円 自動付帯

・国内旅行傷害保険 最高3,000万円 自動付帯

・年会費 2000円

・還元率 2.0%

・ブランド JCB

モバイルSuicaやnanacoへのチャージでもポイントが貯まります。また、年会費が永年無料で旅行保険が利用付帯となるリクルートカードもあります。こちらは還元率が低く1.2%。

公式サイト:「リクルートカードプラス」と「リクルートカード」

クレジットカード保険の請求方法

海外でよくあるのがiPhoneを落として壊したり、カメラを盗まれたりということ。こういうのを「携行品損害」と言います。その携行品損害保険の請求の流れは次のページを参考にしてください。

海外で壊したiPhoneを交換してクレジットカードの保険を請求する

海外のレンタカーを使うときもクレジットカードの保険で問題ない?

海外レンタカーに関しては、様々なケースを想定しなければなりません。こちらのページでは、料金明細から見る海外レンタカーの保険とは、についてまとめています。

海外レンタカーにかかる費用内訳、保険加入は必須なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。