国際間格安送金サービスのAzimo、リトアニアへの送金手数料を1ポンド定額に

リトアニアへの送金が1ポンドでできるようになります。オンライン送金サービス「Azimo」では、2015年1月1日から、送金額に関係なく、送金手数料が1ポンドの定額料金になります。

Azimoとは

Azimoは、イギリスを本拠地に置く電子送金サービスの会社で、国際間の送金をより低コストにすることを掲げています。現在190以上の国で、73の通貨が利用することができます。

特徴的なのは、海外送金といえばこれまで銀行間というイメージでしたが、Azimoは自分のFacebookアカウントでログインでき、銀行口座向けだけでなく、友達間の送金や、iPhone、Androidからも自由に送金できます。

日本語のサイトはありませんが、ヨーロッパ数カ国から日本円への送金も可能です。

ユーロ圏外からも1ポンド定額

バルト3国のリトアニアは2015年1月から欧州単一通貨ユーロを導入することを正式に決めています。そのユーロ圏となるリトアニアでは、すでにユーロ圏からの送金を1ポンドの固定手数料になっています。

新しいサービスは、ユーロ圏外のイギリスからの送金を1ポンドの固定にすることになります。イギリスに住んでいるリトアニア人は推定10万人と言われており、出稼ぎからの送金に高い手数料がかかっていたのが、格安の1ポンドになりました。

国外に住むリトアニア人から自国への送金額は、2012年で総額1兆3870億ドル、イギリスからの送金だけで2億ドルを超えます。

Azimoの新サービスによって、出稼ぎ等の移住者たちが実家への仕送りが容易になります。旧来のメガバンクや送金業者を使うよりも85%も安くなるとのこと。サービスは、英国、アイルランド、ドイツなどのユーロ圏から、リトアニアのどの銀行口座にも送金をすることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。