Apple Watchをフル活用したら海外旅行はこうなる、Apple Watchアプリまとめ

海外の旅行先でもApple Watchが大活躍します。知らない旅先で道案内をしてくれて、フライトやチェックインの時間を教えてくれる。お店での支払いもできて、海外の言語も教えてくれる、それが次世代の旅行になりそうです。

「Expedia」でフライトとチェックインを見逃さない

apple-watch-expedia

旅程表を見るのはiPhoneに任せるとして、フライトのときは、ゲート番号、ターミナル、スケジュールがわかります。ホテルでは、チェックインとチェックアウトの時間、アクセス、電話番号がわかります。

「SPG」はApple Watchがホテルの鍵になる

apple-watch-spg

Apple Watchをかざすと鍵が開きます。ホテルへの行き方を調べたり、チェックインしたり、予約内容を調べることはもちろんできます。

現地の地下鉄やバスを乗りこなせ「Citymapper」

apple-watch-citymapper

Citymapperは世界の主要都市の公共交通ガイドです。行きたい場所を示せば、そこまでの最速ルートを表示します。土地勘のない場所でも大丈夫。

タクシーは時計で呼べばいい「Uber」

apple-watch-uber

iPhoneからタクシーを呼び出すのと同じく、時計からワンタップでタクシーを呼べます。UBERならネット決済だから、目的地に着いたらただ「ありがとう」と言って降りるだけです。

TripAdvisorで旅先の名店を見つける

apple-watch-tripadvisor旅先で隠れたレストランの名店を見つけましょう。ホテルや観光スポットも思いついたその場で情報が手に入ります。

Babbelで現地でコミュニケーションをしよう

apple-watch-babble

海外のレストランで気軽にカタコト外国語をしゃべりませんか? Babbelはあなたがいる場所に合ったワードを提案してくれるアプリです。その対応言語は14言語。たとえばカフェなら注文の仕方、空港ならフライトに関係する言葉が覚えられます。

支払いはApple Pay、残高と利用履歴はCitibankアプリ

apple-watch-citi

Citibankアプリで残高を事前に確認できて、Apple Payでワンタップで支払い。支払ったら利用履歴が通知されます。デビットカードとApple Payの連携で「時計が財布になる」ということです。

リモートカメラでiPhoneを盗まれる心配なし

apple-watch-camera-remote-screen

これはアップル純正アプリです。iPhoneのカメラを遠隔でシャッターを押すことができます。一人旅で風景をバックに撮ったり、集合写真も人に頼まずに撮ったり。iPhoneを盗まれる心配もありません。

Googleのアプリが一つもないのが意外です。そして即時翻訳のアプリはこれからというところ。しゃべるだけでその場で即時翻訳して表示してくれたら、海外旅行がもっと身近になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。