日本のiPhoneではApple Payを海外で使うことはできない

iPhone 7とiOS10.1から日本でも開始したApple Pay。海外でも使えたら、まさに通貨の国境を越える大革命になるかと思いましたが、そうもいかないようです。

Apple Payは海外では使えない

正確にいうと、iPhoneに登録した日本のクレジットカードは、海外のApple Payには使えないということになります。

おそらく日本人の大多数が、日本で発行したクレジットカード(またはプリペイドカード)をiPhoneに登録しているでしょう。これを国内では、iDまたはQUICPay、Suicaとして店舗の支払いに使っています。

それを海外で使おうとしても、レジでエラーとなり支払いが完了しません。レジによっては大音量でビービー鳴ってしまいます。

海外でApple Payが使えないのは、国内がFeliCaで海外がNFC Type A/Bだからという理由ではないようで、iPhoneのリージョン設定を変えてもNGです。

海外でApple Payが使えないのは、日本のクレジットカードだからということです。

海外のクレジットカードならApple Payは使える

実は日本で購入したiPhoneは、海外のどの国のApple Payでも利用できます。ただし、利用する国で発行したクレジットカード(またはデビットカード)をiPhoneに登録していればという条件です。

例えばiPhoneに米国で発行した銀行のカードを登録して、米国でApple Pay支払いをすることは可能です。

iPhoneのWalletには8枚までカードを登録できますので、海外でApple Payを使うときは、その国で発行したカードを選んで支払いをします。

日本のカードも海外のカードも登録は可能

話が前後しますが、iPhoneにはどの国のクレジットカードでも登録することができます。

設定アプリから「一般」→「言語と地域」へ進み、地域をカード発行国にすることで海外のクレジットカードでも登録は可能です。いわゆるリージョンを合わせるということです。

海外旅行者はほぼ使えないと言っていい

しかしながら海外旅行に行く日本人が、たまたま旅行先の国のカードを持っているということはまずないでしょう。

海外では銀行口座を開設する際に、社会保障番号の登録が必要です(日本でいうマイナンバー)。それ無しに口座を作る方法もないわけではありませんが、旅行先でApple Payを使いたいという軽い気持ちで作るほど簡単ではありません。

実質的に、海外旅行者が日本からiPhoneを持っていってレジでピッと買い物をすることはできないと考えた方がよいでしょう。


(余談)海外用プリペイドカードやバーチャルカード

海外旅行者向けのプリペイドカード、例えばマネパカードやキャッシュパスポートが有名ですが、それならばどうでしょうか。

もともと海外旅行用に作られており、米ドルやユーロでチャージしてありますので、iPhoneに登録すれば使えなくもない気もします。

また、電子マネー系のサービスではバーチャルカードが発行されています。グローバルで言えば、Netellerが発行するNet+カードは世界中で使えるのが売りのプリペイドカードです。

Netellerは発行国が英国になるため、これが英国で使えるのか、あるいはグローバルに使えてしまうのかは興味があるところです。

新しい情報が入りましたら本記事にてアップデートします。

(参考)海外版iPhoneは日本でSuicaは使えない

海外から日本に旅行に来る場合も同じです。実質的に、海外で購入したiPhoneを使って日本でApple Payに利用しようとしても使えません。

そもそも日本のApple PayはiDとQUICPayを利用しますので、海外の人たちがiDやQUICPayに対応したカードを持っていることすら稀で、コンビニで支払おうと思ってもできません。

またSuicaについては、海外版iPhoneではSuicaの新規作成もできません。

海外で購入したiPhone 7でSuicaは使えない、Apple Watchとの組合せなら利用可能 – eWallet JP

ゆくゆくは日本への外国人旅行者向けに何らかの対応がされるとは思いますが、現在は海外のiPhoneでSuicaは利用できず、日本のApple Payは利用できないということになります。